青は遠い色

こんにちは!広報担当です。
今日は2曲目のご紹介です。

青は遠い色
福島弘和

谷川俊太郎さんの「青」という詩から、まず合唱曲が作曲され、それをモチーフに混合八重奏、そして今回演奏する小編成の吹奏楽曲が作曲されました。

冒頭のメロディーは「青は遠い色」という詩のフレーズがそのまま当てはまります。

どんなに求めても手に入らない「青」という色。作曲者によると、フレーズごとに転調してゆくのは「空の青に触れられそうで、触れる事ができない」というイメージを表しているとのことです。

前向きになったり、時に後ろ向きになったり、移ろう感情をも表現しているようなこの曲。北総で小編成で演奏するというのも初めての試みです。どうぞお楽しみに。

聴いてみたくなった方、3月17日(日)13:30開演、松戸市民会館へ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です