ソング・アンド・ダンス

鈴木英史 作曲

佼成出版社のCD「ジャパニーズ・バンド・レパートリーVol.5」のための委嘱作品として1995年に作曲され、2010年に改訂されました。今回演奏するのは、2010年版です。

曲は3つの部分から構成されています。

Ⅰ. Prelude, Antiphonal call Ⅰ
Ⅱ. Songs and Dances
Ⅲ. Postlude, Antiphonal call Ⅱ

アンティフォナとは、2つに分かれた合唱が交互に歌う手法で、元々はキリスト教の礼拝で詩篇の前後に歌われていたものでした。

1曲目と3曲目は、そのタイトル通り、各パートが2つに分かれてお互いを呼びかわします。
そして2曲目は、切々とした「歌」の部分と、躍動感のある「踊り」の部分が繰り返され、次の曲へと展開していきます。

2つのパートが様々な響きを作りながら呼応する様子をご堪能ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です